京都市伏見区の整体院「沼田カイロプラクティック」。腰痛・肩こり・スポーツ障害などでお困りの方へ

沼田カイロプラクティック

[ホームへ]

2011年02月01日(火)

寝違い [症例]

最近、寒さが半端ないですね。
僕は平気ですが…

そういう影響でしょうか、寝違いやギックリ系の方が、また最近チラチラと。

原因は、冷える事と寝返りが減る事。
それに寒さで運動不足や同一姿勢が長くなる事などが増えて発症するのではないでしょうか。

特にこの辺りの筋肉(正確には筋膜)がやられます!

画像(152x156)

上部頚椎と肩甲骨をつなぐ肩甲挙筋。

肩甲骨を引き上げる作用がありますが、日頃の主な働きとしては前下に垂れ下がった重い頭部を後ろに引っ張り支えています。


次に肩甲骨と背骨をつなぐ菱形筋。

肩甲骨を背骨側に引き寄せる作用がありますが、日頃の主な働きは腕の重さを引っ張り支えています。猫背になるといつもこの筋肉は伸ばされながら緊張してしまいます。

画像(202x260)・拡大画像(228x293)

この2つの筋肉を覆っているのが僧帽筋です。
同様な事で緊張しています。
更に精神的なストレスや目の疲れの影響も受け易いです。

これらの筋肉が限界に達して固まってロックしてしまい、何かの動作をきっかけに強い収縮を起こしてしまうと寝違いになってしまいます。

同様な事が腰で起こるとギックリ腰です。

施術としては痛めてる部分を触診で特定してそこを集中的に刺激して筋膜を矯正します。

1〜2回の施術で大体は良くなって頂ける事が多いです。

その後は体操が大切です。

ストレッチは皆さん良くされますが、背面側は普段伸ばされて緊張してる事が多いですので、たまに縮める体操をしましょう。


三つ目の写真は菱形筋の運動になります→これに肩をすくめる動作を加えると肩甲挙筋の運動になります。
(写真はネットから拾いました。僕じゃないですよ〜)

画像(216x167)




では、近未来の映像と音楽を♪

皆さんもこの動画の人達みたいに心や身体がフリーズしてませんか?
このガンで撃たれたつもりに時々なって陽気に踊り出すと健康にいいでしょうね!
えっ、すでに踊ってる? 失礼しました! 

アディオス♪

Posted by 沼田博和 at 12時40分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://numata-chiro.com/blog/tb.php?ID=20

ページのトップへ ページのトップへ

2

2011


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

PHOTO

レスリングとビジョントレーニング

レスリングとビジョントレーニング

前屈みの姿勢から、痛くて伸ばしにくい腰痛

前屈みの姿勢から、痛くて伸ばしにくい腰痛

顎の痛み

顎の痛み

寝違い

寝違い

頭痛と目の奥の痛み

頭痛と目の奥の痛み

カポエイラの話

カポエイラの話

高松にて

高松にて

腰痛を引き起こす筋肉その2

腰痛を引き起こす筋肉その2

トロッカ・ジ・コルダス

トロッカ・ジ・コルダス

Sal me matará

Sal me matará

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 沼田カイロプラクティック All rights reserved.