京都市伏見区の整体院「沼田カイロプラクティック」。腰痛・肩こり・スポーツ障害などでお困りの方へ

沼田カイロプラクティック

[ホームへ]

2012年06月18日(月)

低位舌 [健康になる]

「べろはたから」低位舌を改善しましょう。
牛乳テストをしてみたら、少しもれた… 口呼吸やし、滑舌悪いし。朝起きたら口渇いてる時あるし。という訳で今日から舌の簡単トレーニング始めました。


低位舌だと、睡眠時無呼吸症候群、誤えん性肺炎、歯周病などを起こしやすくなるそうです。

ためしてガッテンのホームページで牛乳テストとトレーニング方法をチェックして下さい!



http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120418.html


または、沼田カイロのfacebookeから。



http://www.facebook.com/numata.chiro

Posted by 沼田博和 at 19時06分   パーマリンク

2011年03月16日(水)

脱・筋力主義 2 [健康になる]

前回に続き「脱・筋力主義/スポーツ上達のコツ」について。

あなたの競技や健康のヒントにして頂きたく、キーセンテンスをご紹介いたします。

重力利用や脱力についても詳しく書いて行きたいのですが、まずは、脊椎や体幹についての事柄から。



「人間の身体運動における骨格は、魚類から始まる脊椎動物の進化から見ても、とりわけ「脊椎」がその根幹をなしてると言えるでしょう。」

          ↓

「手・腕は体重を支えることから開放され、自由度を高めることになりました。と同時に足・脚はすべての体重を支え、移動をつかさどることになったのです。」

          ↓ 

「脊柱を含めた肩甲骨と骨盤が連携を失い、高度な身体運動の源となる体幹の機能を衰えさせる危険性をはらんでいます。」

          ↓  

「人間の身体運動は、末端主導の運動が強まり、体幹主導の身体運動が減退する危機に直面しているのです。」

          ↓

「人間の発展的未来のために、体幹主導の身体運動を思い出すことは、重要な意味を持つと言えるでしょう。」


これは、スポーツが上達するコツでもあり、腰痛や肩・首のこりから解放されるためのヒントでもあります。

人間は人である前に動物です。 脊椎動物です。
脊椎動かしてますか? 使ってますか?

脊椎(体幹部)は大きな木の幹のように固定させて手や腕だけ使ってませんか?

脊椎を前後・左右・回旋と良く動かせていますか?

アスリートの方は、手足から動かしていませんか?

体幹主導でその力を末端の手先や足先に伝えましょう!

筋力でブレーキをかけず、重力を利用してうまく連動させましょう!

この辺りの話はまたの機会に。

まずは、背骨や肩甲骨や骨盤を動かす体操から始めましょう!





Posted by 沼田博和 at 13時31分   パーマリンク

2011年02月28日(月)

脱・筋力主義 [健康になる]

筋力依存をやめて楽をしましょう♪


ここ数年、好んで読んでいるスポーツ科学物、バイオメカニクス物を上手く整理してまとめたような本がありました。

最近の自分の思いや考えにもわりとピタッとくる内容で、気に入ってます。

スポーツをする方だけでなく、健康に生活をおくる為の良い考え方が含まれてると感じました。

スポーツや運動が嫌い、苦手という方は、運動=しんどい、ツライ、失敗したらダメ… のような公式が頭にこベリついてしまってるのではないでしょうか?

それが、運動=楽、気持ちいい、楽しい、失敗しても良い(失敗もスポーツのうち)
の公式に置き換わったら、素晴しいですよね。
更に、実はこの公式を使った方がスポーツの上達が早いんです。


そもそもスポーツは楽しむ為にするものです。

勝つ為、痩せる為、健康になる為が第一の目的になってしまう事が多いですよね。

健康になる為に無理して頑張っても本末転倒ですよね。

確かに、追い込んで頑張る事から得られるものも、スゴイもんがあるとは思います。

スポーツそのものを楽しんだり、動作の気持ち良さを味わった先に真の健康や美があるように思います。

きっと良い脳内ホルモンがドパーッと出るんです。

逆に、嫌々やると、悪いもんがドパーっと出ますよ!

これは、仕事や人間関係に置き換えても同じ。

同じやるなら、嫌々やらず楽しみを見つけ感じながらする方が自分の為になりますよね。



運動もやるならそれ自体を楽しむ事が大切。

筋肉に負荷をかけることの効果にしか目が向けられていない事では、とても残です。

楽しみ方は、色々だと思います。
スポーツによっても違いますが、その動き自体を味わったり、より気持ち良く動くにはどうしたらいいかを考える事を楽しんだりは、共通して出きると思います。

そして、大切なキーワードは「脱力」です。
脱力の先に「快」があります。

もうひとつは「重力」です。
重力を利用する。
筋力でなく重心移動をメインに動くです。


では、「楽をしましょう!」


まぁ、以外と難しいんですけどね♪




本の内容に入る前に個人的な意見を長々と書き過ぎました。

内容は次回で。

画像(375x500)・拡大画像(480x640)

Posted by 沼田博和 at 12時45分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

8

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

肩の手術

肩の手術

ブラジリアン・サマー・ナイト

ブラジリアン・サマー・ナイト

頭痛と目の奥の痛み

頭痛と目の奥の痛み

前屈みの姿勢から、痛くて伸ばしにくい腰痛

前屈みの姿勢から、痛くて伸ばしにくい腰痛

カポエイラ 強化合宿

カポエイラ 強化合宿

高松にて

高松にて

Sal me matará

Sal me matará

腰痛を引き起こす筋肉その2

腰痛を引き起こす筋肉その2

顎の痛み

顎の痛み

ぎっくり腰、下部編

ぎっくり腰、下部編

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 沼田カイロプラクティック All rights reserved.