京都市伏見区の整体院「沼田カイロプラクティック」。腰痛・肩こり・スポーツ障害などでお困りの方へ

沼田カイロプラクティック

[ホームへ]

2011年04月20日(水)

頚椎がまっすぐ? [頚椎]

画像(234x295)
画像(184x226)
画像(356x260)
画像(500x205)・拡大画像(549x226)

よく整形外科でレントゲンをとってもらい、「首がまっすぐだと言われました。」とおっしゃる方が、おられます。

肩や首のこり、頭痛などが主な症状の方々です。

この場合の「首がまっすぐ」というのは、横から見てという事です。

横から頚椎を見たときには正常な場合は前にゆるやかに凸のカーブがあります。 背中(胸椎)は後ろが凸、腰椎は前が凸です。

S字状になっています。 これを生理的湾曲といいます。
このたゆみで、衝撃を吸収することが出来ます。

しかし、下向きの作業やパソコンなどの作業で猫背で+顎を前に突き出した姿勢を長時間していますと、頚椎のカーブが、失われまっすぐになってしまいます。

すると、肩や首のこりが慢性的でひどいものになってしまう事があります。 寝違いや首を動かすと強い痛みが起こるというのが、頻繁みなるかもしれません。


そのような状態の方は、まず外側の筋膜を柔軟性のある状態にまず施術で戻す必要があります。

それから、頚椎のカーブが戻るように頚椎や胸椎に対して施術を施していきます。

筋膜の状態が良くなれば、肩・首のこりや痛みは改善されます。 
しかし、頚椎の形状がミリタリー(横から見てまっすぐ)だと、依然としてこりやすかったり、痛みやすい状況に変わりはありません。

頚椎のカーブを取り戻すには、個人差もありますが、少し時間がかかる事もあります。

施術を定期的にお受けになる事と指導された体操を継続される事をお願い致します。

画像(500x375)・拡大画像(640x480)

Posted by 沼田博和 at 19時43分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

カポエイラの話

カポエイラの話

腰痛を引き起こす筋肉その2

腰痛を引き起こす筋肉その2

寝違い

寝違い

肩の手術

肩の手術

顎の痛み

顎の痛み

レスリングとビジョントレーニング

レスリングとビジョントレーニング

ブラジリアン・サマー・ナイト

ブラジリアン・サマー・ナイト

前屈みの姿勢から、痛くて伸ばしにくい腰痛

前屈みの姿勢から、痛くて伸ばしにくい腰痛

カポエイラ 強化合宿

カポエイラ 強化合宿

ぎっくり腰、下部編

ぎっくり腰、下部編

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 沼田カイロプラクティック All rights reserved.